日々破戒して

YARE YARE というバンド、ラップをやっている

今朝起きると、二日酔いだった。

ワインなどめったに飲まないが、久しぶりに友達に会えた

嬉しさで何も考えず呑んだ。

僕は酒に強くなったと思い込んでたけど、

まだまだ小僧だった。

 

バイトまで時間があったので、

はっぴいえんどのドキュメンタリーを見た。

比較的最近のものだ。

 

細野晴臣が自分にあったキーを探していく過程を

語っており、大変興味深かった。

 

気分が悪くなってきたので、時間ぎりぎりまで寝て、

自転車に乗ってバイト先に向かった。

 

友達と呑んで次の日まで引きずる、なんて経験自体がほとんどなかったので、

なんだかおかしい。

 

金曜日はオールナイトイベントにいき、日曜も遊んでしまった。

休みの間、ほとんど打ち込みの作業が出来なかった。

 

そのことで憂鬱な気分にはなるけど、遊んだことに後悔はない。

 

あらためて語ると馬鹿らしいけど、思春期から二十代前半まで、ほとんど自分のことしか考えていなかったため、友達と遊ぶことなんて無駄だと思っていた。

 

今更だけど、これからはそういう機会を大切にしたいと思ってる。

自分の作った音楽だけが大事だなんて、寂しすぎる。

 

とはいっても、焦る気持ちを無視できない。

同世代で既に売れてる人がたくさんいる。

そいつらが音楽活動だけしてる間、俺はバイトをしたり、苦情ばっかりくるこのアパートでせこせこやってると思うと、ふざけんな、と思う。

 

バイトが終わる頃には完全にヘロヘロになってしまい、作業が終わり終業時間までの間、こっそりとマットレスで横になった。

 

時間が来て家に帰り、ひたすら眠った。