日々破戒されて

YARE YARE というバンド、ラップをやっている

退去勧告

 

 

回の記事からいろいろあった。

日記を書こうと思いつつも、文字を紡ぐのには脳の体力ゲージがある程度ないと書けない。脳が元気な時は何よりもまず打ち込みか作曲するようにしているので、日記は後回しになる。打ち込みをして、これ以上は無理だと言う時が来て、ブログの画面を開き、書けそうだったら書いてみる。ダメだと思えば書かない。

 

 

なにがあったっけ、、、

 

 

そう、前々回の記事で、

 

 「管理会社から電話がきた。折り返しの電話はしなかった」

 

で締めくくったのだけれど、

 

前回の記事で書いた、友達とサイゼリヤで遊んだ日に、混み合った店内での順番待ち時間、しつこく電話がかかってきていたので、手持ち無沙汰なのもあり、つい電話に出てしまった。

 

僕が家の鍵を紛失し、マスターキーを管理会社から借りていたので、引き取りに行きたい、との連絡だった。てっきり騒音苦情だと思い込んでいたので、拍子抜けした。

 

ところがいざ管理会社の人が家にやってきて、はい、どうぞと鍵を渡し、それでは御免、と早々にドアを閉めようとすると、

 

「ちょっといいですか」

「えっ」

「ちょっとだけ、はいっても」

 

ドアを閉めようとすると、無理やり体を滑り込ませ玄関口に入ってきて、あなたの歌や楽器によって騒音苦情があちこちから来てると言う。最近では歌にとどまらず、太鼓のような音がするのだと。(太鼓などもっていない)さらに、今後同じようなことが一度でもあった場合、出て行ってもらうしかないのだと。

 

 

他になんと言えばいいのかわからないので、

仕方なく

「はい。わかりました」

と応えると

「すいませんねぇ」と何度か頭を下げ

管理会社の人は帰っていった。

 

 

部屋に戻り、しばらく絶望に打ちひしがれ、どうしようかと途方に暮れ、楽器可物件を探したり、実家の母に電話し窮状を訴えている内に、案外直ぐに解決策を思いついた。まさに灯台下暗し、盲点であったと言う他ない。

 

 

実家に帰ればいいのだ。実家であれば、騒音迷惑など気にする必要がない。おまけに生活費の心配もなくなる。適当にバイトをすれば、機材だって買える。今以上に音楽に打ち込める。途中まで作って完成させられていない曲がたくさんある。それを完成させよう。暇なときは森に行こう。広い風呂に入ろう。美味しいご飯を食べよう。

 

 

お前、20代後半の人間が、それでいいのか?完全なクズ、ニートそのものじゃないか。と読者の方々は思うかもしれない。

 

 

 

 

そうかもしれない。

 

 

 

でも俺は売れるからいいんです。

売れるなら早いほうがいい。

作業時間が多く取れる実家の方がいい。

 

 

 

 

本当に、音楽やるっていうと、みんな哀れむような目で見て、

「まぁーねーーー」

みたいな気まずい感じになるのなに?

 

 

 

 

なんなんだよ。。。。。マジで

会社起こすとか弁護士なるとかと一緒だからな

 

 

 

 

 

 

というわけで1週間後から一旦無職になるよ。